キネセラティックセラピーの公開講座体験のようすを紹介しています。

お電話でのお問い合わせはコチラ

03-3763-3335

キネセラ体験 公開講座

キネセラ公開講座体験

キネセラ体験者 山口マナさん

オフィスではPC作業の仕事なので肩こりが酷いですね。それに毎日ハイヒールを履いて通勤しているので、足のむくみや疲れが気になります。疲れが翌日まで残っているので、朝がスッキリ起きられなくて悩んでいます。お肌の調子もあまり良くないみたいです。



ということで・・・

キネセラ体験に行ってきました!

キネセラ体験 公開講座に行ってきました!

キネセラ体験の流れ

姿勢について講義をききます

キネセラ体験の流れ1

理学療法士の岡本先生による姿勢の講義を行って頂きました。

背骨の骨格模型を使いながら、姿勢が悪いと背骨にどのような影響を与え、また結果どのような不調を引き起こしてしまうかを説明して頂きました。

カウンセリングを受けます

キネセラ体験の流れ2

自分が抱えている体の悩みについて相談に乗って頂きました。

私が普段行っている仕事内容をお伝えすると、業務上無意識のうちにとってしまいがちな姿勢から体のどこに負担がかかっているのかが分かってきました。

施術前に写真撮影をします

キネセラ体験の流れ3

施術に入る前に、写真撮影を行います。

撮影をしながら横向きの姿勢を見てもらうと、先生に「体が回旋している」と指摘を受け、普段私が何気なく立っている姿勢が実は歪んでいるという事が判明し驚きました。

施術を行います

キネセラ体験の流れ4

いよいよ施術の体験を行います。

思った以上に痛いです!「痛いのは体が悪い証拠」だそうですが、施術をされているのにすごく汗をかきました。でも終わってみると体がポカポカして肩の辺りが軽くなりました。

山口さんに最適なストレッチを行います

キネセラ体験の流れ5

普段のお仕事で、肩や首のあたりに負担がかかりがちなので、椅子に座りながらでもできる簡単なストレッチを教えて頂きました。その他にも立ち姿勢や歩くときに気をつけると良いポイントもアドバイスをして頂きました。

キネセラ施術 ビフォーアフター

キネセラ施術で驚きの結果がっ!

キネセラ施術前

キネセラ体験 施術前
施術前は、重心が前にあり上半身が右回旋している状態でした。体って気づかないうちに歪んでしまうものなんですね。

キネセラ施術後

キネセラ体験 施術後
重心がかなり真っ直ぐに近い状態になりました。肩を見ると多少残ってはいるものの、右回旋が緩くなりだいぶ落ち着きました。施術後は、体がスーッと楽になった感じがしました。

キネセラ施術 公開体験の感想は?

キネセラ施術 公開体験の感想
キネセラ体験モデル

今回公開講座を受け、キネスティックセラピーとはリハビリの考えを取り入れたセラピーで、マッサージでも整体でもない新しい技術であるという事に驚きました。キネスティックセラピーの開発者の岡本先生は本当に気さくな方で、始めは緊張していましたが冗談を交えながらお話をしてくださるので、とても楽しく公開講座を受ける事ができました。アカデミーの雰囲気も先生と生徒さんがみなさん仲良しで、「本当にここは学校なの?」と思ってしまうくらい和気あいあいで楽しげな雰囲気でした。

いざキネスティックセラピーの施術を受けてみると、初めて体験したくらいの痛さでしたが、施術後立ちあがる瞬間はすーっと体が軽くなったようで、施術の効果を実感する事ができました。セラピーとしては新しい技術ですが、しっかりとした科学的根拠もあり安全で信頼のおける技術とのことです。いずれ全国のサロンに取り入れられ、肩こりや腰痛で悩む多くの方のお役に立てるのではないかなと思える講座でした!

キネセラとは?
背骨が悪くなると
背骨が良くなると

あなたの背骨大丈夫? 簡単セルフチェックシート

簡単セルフチェックシート

キネスティックセラピーの第一人者、岡本先生にインタビュー

キネスティックセラピーの第一人者、岡本先生

やるからには楽しく!やるからにはきちんと!向上心を持ってしっかり学んでいきましょう

日本キネスティックセラピスト協会会長
キネスティックセラピストアカデミー院長


理学療法士 岡本徹先生

キネスティックセラピーというのは、特に体の脊柱(背骨)に注目し、その動きが偏っている場合には、代謝であったり、反応等が偏るため、本来の動きや働きをするように体を改善していきましょうという技術です。

私は理学療法士としても活動しているのですが、通常の治療ですと患者さんの骨を一つずつ丁寧に治療するため時間がかかってしまいます。そこで、色々と自分なりに考え「より短い時間で結果を出せないだろうか」と探求し、美容の専門家と一緒に考え、一般の人でも学びやすいような形にまとめたのがこのキネスティックセラピーです。

私の理学療法士としてのポリシーは、「患者さんに自分ができる事は何があるか?」という事を常に自問自答し、より良い方法を取っていく事です。同じようにアカデミーに学びに来ている生徒にも、サロンに来られたお客様に対して、より良いものを探していく努力ができる人になってもらいたいと思っています。

アカデミーの雰囲気はアットホームで和気あいあいとしています。私はやるからには楽しくやりたいと思っており、授業でも生徒に「頑張ろう!」という気になれるよう、興味がわくような授業を心がけています。

キネスティックセラピーは言葉だけではなかなか伝わりにくいのですが、施術を受けたみなさんが効果を実感できる技術ですので、まずは公開講座・施術体験に来てみてくださいね。